読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のどこかで雨が降る

雨女黄色ジャス民が綴るブログ @ako3wowow

メロディーの法則 ~その①~

 

しげりゅせ事務所入所10周年記念日…からのレンタル救世主初回放送日…からの3連休も終わり。KinKiの二人はやっぱり紅白に出るんだろうか?と勘ぐってみる、そんな火曜日。
私は日曜日、流星くんのルチャアクション+ワンチャンのダブル攻撃にやられて、テレビの前で机をバシバシやっておりました。これから毎週日曜日が楽しみですね~月曜日なんて怖くないぞ!!



さて、そんな今日はさっきまでたまたま聴いていた曲から思いついた話題を。

先にその曲が何かを書いてしまうと…V6の「太陽のあたる場所」です。この曲とサビに"ある共通点"を持つ曲(もちろんジャニーズに限る)をパッと思いつく限り何曲か挙げてみました。

 

 

シリウス/NEWS

マイガール/嵐

・Mambo de WEST/ジャニーズWEST

・Finally Over/A.B.C-Z

・LIFE~目の前の向こうへ~/関ジャニ∞

・復活LOVE/嵐

・Encore/手越裕也

・THE DREAM BOYS/ジャニーズJr.

 ・果てない空/嵐

  

 

これだけ見ると歌ってるグループも曲調も見事にバラバラですね(笑)ちなみにこの中で「太陽のあたる場所」に近いのは「Encore」と「THE DREAM BOYS」かなぁ。

さて、ここでネタバラシ。これらの曲の共通点は何かと言うと…サビのメロディーがオクターブ跳躍する、ということです。


分かりやすく「太陽のあたる場所」で説明してみると…

♪こーのーみちのさきーにー♪
は音階に直すと
ファーファーミレドシ♭ドーラー♪

最初のファと次のファはちょうど1オクターブ跳んでます。下のファから上のファにいくんですね。実はこのメロディーをオクターブ跳躍させるというのは、とてもよく使われている手法。ではなぜこの手法がよく使われているのか?簡単に言ってしまうと、人の耳に残りやすいから、です。オクターブに限らず、ある音から次の音にいく時、人は少し離れた音に跳ぶと反射的に「おっ」と思います。

特に日本人が好むのは5度の跳躍(ex.ド➡ソ、ラ➡ミ※)と言われていて、ジャニーズの曲にも鬼のように登場します。嵐「Love so sweet」のサビ♪おーもいでずっとずっと♪=♪ミーレレドドッソドッソ♪やSMAP世界に一つだけの花」のサビ♪せかいーにひーとーつ~♪=♪ラララーミミーレード♯~♪などなど。


そして、オクターブの跳躍は5度の跳躍よりも離れた音に跳んでいる分、更に強い印象が残ります。曲によっては地声から裏声(ファルセット)にスイッチする場合も多くあるので、そういう意味でも耳に残りやすいですね。

「太陽のあたる場所」「Encore」「THE DREAM BOYS」は、どれもこのオクターブの跳躍をサビの頭に持ってきている曲。フレーズの途中ではなく頭にこの跳躍を使うと"さぁお待たせしました!ここからサビでっせー!!"感が分かりやすく出せるので、もし自分で曲を書きたいと思っている方がいればぜひ使ってみてはいかがでしょうか(笑)


ちなみに例で挙げた曲には含めませんでしたが、KAT-TUNの「BIRTH」も今日の話題に当てはまる曲です、一応。オクターブ跳躍が使われてる箇所が、サビ終わりの♪Wow~♪だったので、入れていいもんかと悩んで結局入れなかったんですけどね。
そして最初の方でも述べましたが、準備することなくこの記事を書き始めてしまったので、サビにオクターブ跳躍が使われているジャニーズの曲は他にもきっとたくさんあります。確実にあります。私の乏しい記憶力じゃこれぐらいしか絞り出せなかった、面目ない…。他に見つけた方、ぜひそーっと私までご報告ください(他力本願w)。


そして今日の記事の最後に。堅苦しい書き方が面倒くさくなっていきなりフランクな口調で記事を書き始めてしまったこと、どうぞご容赦くださいませ(笑)

 

 



※5度と言っても、厳密に言うと減5度、完全5度、増5度など色々あるので、詳しく知りたいという人は楽典の本を購入してみよう!